ニューモ育毛剤

ニューモ育毛剤の副作用を調べた!アレルギーや痒みは出ない?

ニューモ育毛剤副作用

ニューモ育毛剤は、地肌に直接つける育毛剤なのでヒリヒリしたりかゆいとかアレルギーなどの副作用が心配ですよね?

そこで、ニューモ育毛剤の副作用の疑問を徹底的に調査したのでぜひご覧ください!

 

>>ニューモ育毛剤の詳細を確認する<<

↑ ↑ ↑

急ぐ人は公式サイトを先に見てみて

ニューモ育毛剤の副作用

ニューモ育毛剤副作用

ニューモ育毛剤のに含まれる主要成分HGPと有効成分を中心に副作用の有無を調べました。

HGP

HGPは最先端育毛テクノロジーを駆使して独自開発された卵由来ペプチド。

たった21日後にフサフサの毛が生えたヒヨコが誕生したところに着眼し開発されたファーマフーズ屈指の独自成分です。

卵黄中に発毛・育毛を促す成分が存在することを発見し、何度も臨床試験を繰り返したのち2015年10月に国際特許を出願し、卵黄由来の新規育毛活性成分としてHGPを創出しています。

HGPには髪の成長やターンオーバーのサイクルを整えて、発毛と育毛を促す働きがあります。

ニューモ育毛剤は、このHGPと酵素化学の力を使って薄毛に根本から働きかけますので効果が実感できると評価が高くなっています。

卵アレルギーの方は使用を控えてください。

センブリエキス

発毛促進効果が認められている

センブリエキスは、リンドウ科植物センブリの全草から抽出されたエキス。

皮膚温の上昇、皮膚毛細血管の増強などの作用があり、皮膚細胞の代謝改善、血行の促進や細胞分裂の活性化が見込まれ発毛促進効果が認められています。

センブリエキスは、市販の育毛剤や育毛トニックなどによく使用されている成分のひとつで副作用の心配はほぼないといえます。

グリチルリチン酸ジカリウム

育毛効果が認められている

グリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科植物カンゾウの根及び根茎より抽出・精製された成分で優れた抗炎症作用が期待でき、育毛効果が認められています

皮膚科など病院でも使われている成分で特に副作用の報告は見当たりませんでした。

D-パントテニルアルコール

脱毛の予防効果が認められている

D-パントテニルアルコールとは、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンの一種であるパントテン酸(ビタミンB5)の誘導体で脱毛の予防効果が認められています

副作用の心配はないようです。

添加物

ニューモ育毛剤副作用

パラベン、合成香料、鉱物油、合成着色料、シリコン、紫外線吸収剤など肌に負担のかかる成分は配合しておらずほぼ心配ないといえます。

アレルギー持ちは使えるの?

ニューモ育毛剤副作用

>>公式サイトで詳細を確認する<<

 

タマゴ由来の成分が含まれているため卵アレルギーの方はご使用をお控えください。

また、成分が詳しく分からなくて不安な場合などは購入前に医師や薬剤師に相談してからの購入をおすすめします。

ニューモ育毛剤の副作用を調べた!アレルギーや痒みは出ない?まとめ

ニューモ育毛剤副作用

ニューモ育毛剤の副作用を調べたのですがいかがでしたでしょうか?

ニューモ育毛剤は、頭皮に優しい成分を使用しており痒みなどの副作用の心配はほぼなさそうです。

ただし、卵由来の商品なので卵にアレルギーのある方は使用を控えて下さい

また、育毛剤なので頭皮や髪質に合うかどうかは使ってみないとと実際にはわかりません。

使用前には成分を良く見て不安な場合は医師、薬剤師に相談ししてみるのも良いでしょう。

ニューモ育毛剤の副作用は普通に使っていればほぼ問題ないといえますので気になっている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

送料無料

↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑

購入回数の縛りなし