ヴィオテラスCセラム

ヴィオテラスCセラムの副作用を調べた!肌荒れ心配・・・。

ヴィオテラスCセラム副作用

ヴィオテラスCセラムはビタミンC高配合の美容液のようですが、肌荒れや赤みが出ないのかななどやはり肌に直接つけるので副作用が心配ですよね?

そこで、ヴィオテラスCセラムの副作用の疑問を徹底的に調査したのでぜひご覧ください!

 

送料無料

2,980円で申し込む

↓ ↓ ↓

ヴィオテラスCセラム,販売店舗

↑ ↑ ↑

回数縛りなし

ヴィオテラスCセラムの副作用を調べた!

ヴィオテラスCセラム副作用

ヴィオテラスCセラムの副作用を徹底的に調査しました。

ヴィオテラスCセラムの副作用や肌に悪影響が出ないのかを知るためにまずは成分について調べてみました。

ビタミンC誘導体

ヴィオテラスCセラムは、もともとビタミンCが持っているメラニンの生成を抑制し分解しする作用、活性酸素の除去、ニキビの色素沈着の防止、コラーゲン生成作用のほかに抗老化型のAmitose3GAと速攻浸透型のAPPSを配合。

今までの水溶性ビタミンC誘導体の100倍以上もの浸透力を誇るため隅々まで速やかに浸透してくれますが、その特性から低刺激ともなっています。

そして、メラニンの生成を抑制、しわ抑制、抗炎症、高保湿、ターンオーバーの正常化、高いアンチエイジング効果も期待出来ます。

長期間使用することによるしわやハリの改善なども期待できる成分です。

副作用は特に報告がないようでした。

コエンザイムQ10

ビタミンCとの相乗効果で抗酸化力が約30倍にアップするためシミ、毛穴、くすみ、シワ、肌荒れ、たるみにもしっかりアプローチが期待できます。

コエンザイムQ10の使用に関連した重篤な副作用は報告されていません。

 

7つの添加物はフリー

ヴィオテラスCセラムは肌に負担がかかるといわれている合成香料、着色剤、鉱物油、パラベン、アルコール、旧表示指定成分、石油系界面活性剤は排除。

過度な副作用なしに敏感な肌でも安心して使えるように作られています。

アレルギー持ちは使えるの?

敏感肌の方を対象にしたアレルギーテストをクリアしましたので問題なく使えるようにはなっていますが、敏感肌の度合いや肌質などが個別に関係してくるためすべての方にアレルギーが起こらないとは言い切れません。

必要であれば購入前に医師や薬剤師に相談するか入念にパッチテストを重ねてから使ったほうが無難かもしれません。

 

ヴィオテラスCセラムの副作用を調べた!肌荒れ心配・・・。まとめ

ヴィオテラスCセラム副作用

ヴィオテラスCセラムの副作用を調べたのですがいかがでしたでしょうか?

ヴィオテラスCセラムは、アレルギーテストにパスしていて従来のビタミンCよりも低刺激のビタミンC誘導体を配合していますので肌荒れなどの心配はほぼなさそうです。

ただし、化粧品なので肌質に合うかどうかはパッチテストをしてみないと実際にはわかりません。

使用前には入念にパッチテストをするか成分が不安な場合は医師、薬剤師に相談してからの使用がおすすめです。

ヴィオテラスCセラムの副作用は普通に使っていればほぼ問題ないといえますので気になっている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

送料無料

2,980円で申し込む

↓ ↓ ↓

ヴィオテラスCセラム,販売店舗

↑ ↑ ↑

回数縛りなし